Blog

女の『しなやかな襟足』シェービングは、いつから始まったか知ってる? マニアック襟足研究家が語る!!

こんにちは、襟足のシェービングは、女の命と思っています
美しく剃ることにマニアックな襟足研究家(言うのはタダw) グランツの石井さとみです (*´▽`*)


今日は、私の襟足に関するマニアック全開ブログ です ww

先に言っておきます!
何の役にもたちません (*´Д`)エヘ ♪



【襟足】の美しい形とは



三つ襟(みつえり)と呼んでいる こんな形↓↓
DSC_0231.jpg
とか、こちらも↓↓
DSC_0390.jpg

後ろから見た時の、
英語の M 字

髪が左右に伸びる長い三角ライン ▽ ▽

真ん中に短く三角 ▽




これがあると無いでは大違い


細くしなやかな首筋

女性らしい長い首筋

後ろ姿から覗く色っぽさ
が全く違います!!


それを比べる 分かりやすい画像がこれ↓↓
IMG_2616(1).jpg

三つ襟▽ ▽が「ない」「ある」で
首元のほっそりした しなやかさが全然違うのが分かりますよね


じつはこれ

女優の石原さとみさんの襟足で、ドラマ見ていたら
これじゃ、残念すぎるやないか~~~い!って  想いをブログにしたことがありますww

以前 書いて思わぬ反響を呼んだブログがこちら

【 高嶺の花 】石原さとみ さんの《襟足の形 問題》マニアックに書いてみた件




じゃあ

何で日本は襟足をキレイに整えるんだい?って話です。

それにはちゃんと歴史文化がありました!


ここから石井が、無駄に調べ上げた
マニアックすぎる【襟足】の歴史文化を紐解いていきま~す♡ (*'ω'*)



そもそも
平安時代に貴族の女性の身だしなみとして顔そりは存在
眉を剃り落して化粧をするため。


ただし、この時代にはまだ襟足剃っていた文献は存在していませんでした。


そこから色々知らべてみた結果


江戸時代の浮世絵師によって描かれた
襟足の形を整えるという画があった


その文献がこちらの画像
20190202165527-b322d60129b8e6ff32153e43128a609f2842449e.jpg

当時から 自分で見えない襟足は他の人に剃ってもらっていたみたい

女性同士で剃ったり、そうでなかったり
この絵では、
男性に剃ってもらう画
(男に剃ってもらうのはエロティシズム漂うモノだったらしい♡)


同時に
顔そり・眉そりも身だしなみとして江戸時代もあった

こんな感じ ↓↓ で、セルフシェービングや身内に剃ってもらうことが往々にして存在
20190217151607-fdc57a0d3749198c14c153b6d19157879b9cda7d.jpg20190217151659-d25089ef01ba73a224160ee58d2f6ec1d2e7c507.jpg





貴族や武家などの位の高い身分だけでなく
遊女・一般庶民の娘たちの間にも浸透

日本は今と変わらず

昔から【色白】が美人の象徴
だったので、
うぶ毛を剃って 白粉(おしろい)ノリを良くして美しさを作っていたそうです


だから、
同じように襟足もうぶ毛を剃って形を整えることで
白粉のノリを良くして見える肌は

【白く 美しく 白魚のような肌】に見せていた


剃った後の白粉をはたく姿が コレ ↓↓
20190217152534-d582b3a089e656b0a221186fb15679334bbf8035.jpg

三つ襟を作るのが主流になったのは、江戸後期あたりらしく
日本髪のスタイルが多様化
襟足が見える結い方が主流になってきたからみたいです (*'ω'*)

ちなみに、当時
三つ襟は東西で呼び方が違っていたそうだ

江戸では「二本足」
左右に▽▽2つの襟足

京都では「三本足」
左右に▽▽2つ 真ん中に小さく▽1つの襟足だったんでしょうね♪


現代でも
芸子さんたちは、襟足のしなやかさや色気を白粉で表現してますよね
今は、お茶屋さんによって白粉での襟の形も違う気がします。
IMG_4323.png


それから、
女性の襟足や顔そりを様々俳句に読まれることもあったそうです

昔、
俳人や浮世絵師って男性ばかりだったとおもいます(個人的見識だと)
そんな女性の化粧姿や顔そり・襟そりを題材にしているのを見てきて思ったこと。

女性の美しく変身する姿は、世の男性の興味を
そそるものなのかな~~~って想像 (*´з`)

いつの時代も女性が美しくあるのは
男性にとって謎多き 興味深いことなんだ♡ ( *´艸`) と思いませんか?


最後に

現在も女性はヘアスタイルによって
キレイな首筋を見せることがあります。

髪を束ねるとき
浴衣を着る
着物を着る
白無垢を着るとき

まだまだ、日本人として
しなやかな 女を演出できる文化を大切にしてみませんか♪


うなじの色っぽさは きっと一番男性陣が
食いつくと思うwwww


それでは、
マニアックな【襟足】ブログご覧いただきありがとうございました♡

「シェービング情報」の記事

きたる5月1日 新メニュー本格始動! 小顔になりたい・たるみ解消したい方に朗報♪

新しいメニューを考える時は、いつもワクワク♪ 喜んでもらえる結果を出せる内容が出来たとき、 毎回...

宝塚音楽学校 受験に向けた、シェービングに新発見!

こんにちは、東京 の 目黒区 学芸大学 にある シェービング&エステサロン グランツ の石井さとみ...

伝統技法的《 顔剃り 》は美容視点で見て、やっぱり良い!

こんにちは♪ みなさん、顔剃りのイメージってどんなイメージですか? 早速問いかけから始めて...

2021年度 宝塚受験に向けてシェービングで最高の状態にしましょう

こんにちは、東京 の 目黒区 学芸大学 にある シェービング&エステサロン グランツ の石井さとみで...

石井流 素敵なマチュ女の作り方 ~其の②~

東京の目黒区 学芸大学 にある シェービング&エステサロン グランツ の石井さとみです。 グランツ...

今年も宝塚受験用シェービング好評でした♪

2020年年度も宝塚お受験に向けて今年も沢山のシェービングをお手伝いさせて頂いた 東京の目黒...

最新の記事

『改名は、突然に』 セミナー開始直後に急遽 改名新ニックネーム

自分の脳内アップデートの為に、継続してお勉強会(セミナー)参加し セミナー仲間との切磋琢磨を楽しんで...

靴ラヴァーズへ贈る♪ ツラい靴擦れのめちゃ早回復アイテム紹介!!《 不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液: Cysay因子 》

こんにちは、東京 の 目黒区 学芸大学 にある シェービング&エステサロン グランツ の石井里美で...

ボディケア保湿 もっと、フワフワ&ハリ肌に♪

こんにちは、東京 の 目黒区 学芸大学 にある シェービング&エステサロン グランツ の石井里美で...

顔のケアついでに♪ ボディ保湿でフワフワ肌に♪

こんにちは、 東京 の 目黒区 学芸大学 にある シェービング&エステサロン グランツ の石井里美...

新メニュー《 頸椎リヴァイブ 》絶賛練習中 私かなり腕磨いてます!!

こんにちは、東京 の 目黒区 学芸大学 にある シェービング&エステサロン グランツ の石井里美です...

新しいテクニックを手に入れるため、お勉強&レッスンしました♪

こんにちは、この数年 お客さまに喜んで頂ける新しいテクニックを探していた 東京 の 目黒区 学芸大...