HOME > 症状&美容用語集 > 日焼け

症状&美容用語集

< 紫外線【UVB】  |  一覧へ戻る  |  日焼け止め >

日焼け

「日焼け」というと赤くなったり、赤くなってから黒くなったりという見た目で分かるもの。
紫外線UVBとUVA波によって肌内部の色素沈着を引き起こした状態を【日焼け】と呼びます。

健康的な小麦色であれば「サンタン」といわれ日光を浴びたところが全体的にメラニン色素生成が活性され黒くなった状態

長時間日光浴をし過ぎたり、日焼け止めを塗り忘れて赤くヒリつき・水ぶくれになった状態を「サンバーン」といいます。これはヤケドの様な炎症を起こしている状態です。

※日光にあたった皮膚は有害な紫外線からそれ以上の侵入を防ぐために、体の防御反応によって肌細胞内でメラニン色素を活発に作り出します。メラニン色素により黒くなった細胞は紫外線を透過させず吸収する働きをしているのです。

< 紫外線【UVB】  |  一覧へ戻る  |  日焼け止め >

このページのトップへ