HOME > ブログ > 今さら聞けない!?シェービングと脱毛の違い。それぞれのメリット・デメリットって?

ブログ

< プロが教える!シェービング後の痛み・かゆみ・かぶれ・肌荒れ。原因と対処方法、予防方法まで解説します。  |  一覧へ戻る  |  女性用シェービング剤まるわかり!クリーム・ローション・ジェル・ムース、それぞれの特徴と違いを徹底比較! >

今さら聞けない!?シェービングと脱毛の違い。それぞれのメリット・デメリットって?

gf2160250736o.jpg「シェービング」と「脱毛」。どちらも気になる毛を処理してくれる優れもの。でも、それぞれの違いって何だろう?そんな「何だろう」に分かりやすく かつ魅力的に解説してみます!
脱毛とシェービングでは「毛を処理する」という目的は同じですが、細かいところに違いがあります。
脱毛はそもそも毛根から毛をなくすこと、つまり毛が生えてこないように毛根に刺激を与えて毛を再生させなくすることが目的です。シェービングは、毛や毛根自体を破壊するのではなく、毛を剃ることを言います。剃るのでまた生えてきます。

それぞれの良い面・悪い面や特徴を知り比較することで、
自分にとって最適な選択ができるようになることがとても大切!

まずはそれぞれの特徴を比較してみよう

費用感

xf3055168990o.jpg脱毛は細かくパーツ分けされているサロンが多く500円(ワキのみ)~ウン十万(全身)までとかなりのバラつきがあり、全身となると諭吉さんが10人以上は必要!と驚きです。
シェービングもサロンによって・剃るパーツによって変わります。およそ2,000円(顔)~30,000円ほど(上半身)で、うぶ毛だけで

効果が出るまでの期間

rf40754639_o.jpg●脱毛
これは私の個人的見解ですが、およそ1パーツ数年はかかります。脱毛パーツ・うぶ毛の状態により変わりますが、当サロンは脱毛用にえり足シェービングと上半身シェービングでの来店需要が高いのですが、そのお客様たちのうぶ毛状況を拝見していてえり足・全身ともに3年くらいかかっている感じ。脱毛というと「手軽に毛がなくなる♪」のイメージが先行しているけれど以外と時間がかかりますね。

●シェービング
剃ったその日から効果を実感できます。ただ、表面上のうぶ毛を除去するので2週くらいしてくると、うっすら生えているのが手触りで分かるようになります。定期的に剃ることで生えてくるサイクルにバラつきが出てくるようになります。肌に特化して効果を述べると、自分の肌じゃないような生まれ変わった肌感覚は剃った直後から実感できます。角質ケアという事で、顔は最低でも3回シェービングすると肌の質に変化も感じ取る方が多くいらっしゃいます。

もち

rf44925204_o.jpg●脱毛
数年を経て脱毛が完了していくと、ほぼ継続的に生えてくることはないので毛のお手入れは楽になります。ただ、ホルモンバランスによってはまた少し生えてくる事もあります。妊娠・過度なストレス・閉経など(※以前まではエステサロン・脱毛サロンでも永久脱毛と謳っていましたが)最近の光脱毛機では【永久】脱毛はできず毛根を極力小さくする除毛であり、医師免許を持ち合わせていない者は永久脱毛できるほどの機器を扱うことは違法となっています。ですから、しっかり脱毛を目標にしているようでしたら、医療脱毛をおすすめします。

●シェービング
2~3週間ほどのもち(シェービングサロンで剃った場合)自己処理では剃った次の日から気になる方が大半。お肌の表面から生えているうぶ毛を処理するので生えてくることは否めません。しかし、毎月肌のターンオーバーに合わせてシェービングをしていくとうぶ毛の生え方にバラつきが出るので気になることも少なくなる方は多く、もちとは別ですがシェービングは角質ケアが出来るので肌質感が上がりやすく最高のビューティーエイジングになっています。

肌トラブルリスク

xf3565086610o.jpgフラッシュ脱毛の場合、「パチン」とゴムをはじく刺激程度ですが赤みが出る方もいるそうです。皮膚の薄い部位では、終了後に冷やして鎮静したり施術後の自宅ケアではしっかり保湿してくださいと言われるそうなので、それらを怠ると、赤みが引かない・肌がカサついてきた・痛みなどが出ることもあるようです。
シェービングは自己処理の場合、赤み・ヒリつき・乾燥とトラブルに見舞われる話をよく伺います。サロン施術では肌の温め緩めはしっかり行って剃り その後はたっぷり保湿するためほぼトラブルは回避できます。自宅での保湿はもちろんお忘れなく!

通う頻度

af0100006420o.jpg●脱毛
2~3か月に1度のサイクルがほとんど。サロンによっては予約が取れなくてこのサイクルで通えないというトラブルもあるようです。格安脱毛ではこうしたことが起こりやすいので、一定サイクルできちんと結果を出したい方はクリニックや個人サロンなどが安心して通えるのではないかと思います。

●シェービング
肌のターンオーバー28日周期を基本に1か月サイクルでのお手入れがだいたい度のサロンも定着しています。中には、肌の不安定な方ですと2か月に一回で勧めたり。シェービングは月一回でおすすめしますが、肌が固くターンオーバーが乱れている方で場合は本来の美しさを引き出すため2週間後にフェイシャルトリートメントでお越しいただくようご案内することもあります。

施術時間

gf1420103703o.jpg●脱毛
パーツによりけりですが、えり足・ワキだと10分程度
全身で1時間30分ほど
もみあげ 5~10分

●シェービング
カオ 30~60分
えり足 5~30分
背中15~40分
脱毛は機器に変わりがないので施術時間もだいたいどこも同じようです。(※機器は医療とエステサロンでは違います)シェービングはサロンごとに施術時間の配分が違い、技術レベル的なことやカウンセリング・肌ケアに関してまで対応がピンキリであるため、時間に開きがあります。

施術時の痛み

gf1420103733o.jpg●脱毛
ゴムではじくような痛みが施術時は続く。脱毛するパーツや痛みに強いか弱いか個人差で感じ方が違うようです。

●シェービング
痛みは全くない。むしろ施術時には熟睡してしまうほどとお客様はおっしゃいます。「刃物で剃る」という言葉のイメージで痛いのではないかと思われがちですが、実際はさすられているような心地よさです。

シェービングと脱毛、こんな風に使い分けてみては?

xf3055185835o.jpgグランツでおすすめしたい「脱毛」と「シェービング」の使い分けとして、
●えり足の脱毛前にきれいに形を整えるシェービング
余談ですが・・脱毛サロンでは大概、脱毛前には事前に処理をしてくるように言われます、もしもサロン側が処理をしてくれても大変雑で、形なんて気にもしないから気づいたら変な形だった。とお客様から伺いおどろいたことも。脱毛でほとんど工程完了してから、毛がないからなんとかして!と言っても手遅れですよね…
その他にも、
●顔の脱毛用にフェイスラインやもみあげの形を整えるシェービング
●全身脱毛用に背中・えりあし・ヒップ・お腹・デコルテをシェービング
と、『餅は餅屋』という言葉があるように、それぞれプロに任せてご自身の肌を健やかに保ったままキレイに脱毛を行うのが上手い使い分けだなぁ~と思っています。

まとめ

rf63795942_o.jpg脱毛とシェービングではうぶ毛処理の目的は似ているようで、細かいところに違いがありますね。ブログを書いてみて私も実感(笑)

的確にわかりやすく表現するならば、
脱毛 シェービング
  • 【毛】だけに特化した除毛目的
  • 永久脱毛は病院・美容クリニックで行ってください
  • サロン系脱毛は除毛なので、無くならない ホルモンバランスによってまだらに生え始めることもあり
  • 痛みは人によりけり
  • 費用はピンキリ
  • 安ければそれだけ予約が取りにくい
  • 自分に合うサロンを探したいならカウンセリングに行く事(病院・クリニックも同じ)
  • 何か肌トラブルが起きた時は病院・クリニックは一番安心
  • うぶ毛処理は肌表面上をカミソリで処理 また必ず生えてくる
  • うぶ毛だけでなく、不要な角質も除去出来るので肌のケアにもなるのがシェービング
  • 肌質に変化が欲しい人にはシェービング
  • 痛みは無い
  • カミソリ扱うのは理容師という国家資格保持者のみ
  • 肌をしっかり見てくれるサロンを見つける
  • 3回(3か月)はシェービングを続ける
  • 脱毛用に剃るなら形や肌状態をしっかり相談にのってもらおう
こんな感じでしょうか。

脱毛に関して専門家ではないですが、今までのお客様の生の声や専門情報で私の持ちうる知識です。それでもやはりお客様の生の声はリアルでなかなか得られない情報でもあります。施術してもらった側の声ってすごく貴重ですよね。それを今回はブログにオープンしてみた部分もあります。
それぞれの良さを上手く活用していってくださいね!

< プロが教える!シェービング後の痛み・かゆみ・かぶれ・肌荒れ。原因と対処方法、予防方法まで解説します。  |  一覧へ戻る  |  女性用シェービング剤まるわかり!クリーム・ローション・ジェル・ムース、それぞれの特徴と違いを徹底比較! >

このページのトップへ