HOME > ブログ > Glänz【グランツ】に込めた〇〇な想い

ブログ

< 私でも理容師になれた! ~やらかし 見習い時代編 その①~  |  一覧へ戻る  |  mina《ミーナ》にお手伝い >

Glänz【グランツ】に込めた〇〇な想い

glanz_logo_B.jpg
こんにちは 目黒区学芸大学のシェービング&エステサロン グランツの石井さとみです。

私のサロン名はご存知の方もいらっしゃいますね 《グランツ》 ですshine
カタカナで《グランツ》でもなく
英語で《Glanz》でもありません

《Glänz》と表記します。
aの上に点が乗っていて、これはアーウムラウトというドイツ文字
意味は「輝く」という意味です。(輝くを選んだ由来は一番最後に見てもらえるようになってます)
本当はGlänzend(グランツェンド) だったのですが、ドイツ語が私にとって大変 音が重厚な響きなので
「グランツ」と切って重厚感を取り去った。という感じhappy01

では、この《グランツ》にした ふか~~~い想いは・・・(たぶん深いcatfaceww)


シェービングサロンとしてお店を構える時
自分の子供への最初のプレゼントとして名前を一生懸命 考え・与える喜びと同じように
た~~~~くさんの方に愛され 必要とされるサロンでありたいから
どんな想いを込めようか考えましたflair

英語? フランス語?とベタに最初は考え始めたけれど しっくりこないし
ありふれているチョイスだな、英語とかフランス語って・・・・

ふっ と、自分の人生観を広げてくれた【家族】を思い出しました。

日本の家族じゃなくて、ワーキングホリデーに行っていた時の大切なもう一つの【家族】

彼らは渡豪したての私のホストファミリー ドイツ人のMAMAとオージーのPAPAから始まりましたnote
少しして、ホストマザーのFeist(ファイスト)ファミリーに続々と出会うことになって

ご縁あってドイツに連れて行ってもらえたんです。

世界は果てしなく広くて 考え方も数えきれないくらいある 言葉が上手く通じなくても
心が通じると言葉じゃ言い切れない感情の交換ができる事を教えてくれてheart04

もちろん それでも壁は沢山あったけど 乗り越えていける力を与えてくれたscissors


ホストマザーCosima(コジマ)は
『英語が下手なのに、さとみはすごーーいChatterbox(おしゃべり)ねsmile(笑)』
『恐れることなく飛び込める度胸がNOT Typical Japanese(典型的な日本人じゃない)で最高sign01

マザーの妹 私のBig Sister BIANCA(ビアンカ)は
『今日から私はさとみのお姉ちゃんよup
『さとみは一人じゃない たくさんの人と共にある人生なのよshine』と名言をくれて

さらに彼女たちの兄 Adrian(エイドリアン)は、様々な世界を見せてくれて一緒に旅をした大親友good
474153377_212.jpg
オーストラリアに行っていたのに(笑)
私にとって影響力が大きかったのはこのFeist(ファイスト)ファミリーでした

そんな彼らに与えてもらった たくさんの愛情に敬意を込めて
サロン名をドイツ語にしようと、Google先生に頼りながら単語を検索search
(ドイツ語はさっぱり分からずじまい・・sweat02)

そして日本語の「輝く場所」から辿って一番私のサロンのイメージに近い
言葉・音の響き《Glänz》に行きついたんですup

取引先などからの郵送物は Glanzと英語表記でふつ~に届きますeye
オープン当初数年は「aじゃないのにーーーsign03」と気にしてましたが
変換できないらしくcoldsweats01
今じゃ あんまり気にしてない(笑)

自分の想いがこもっていれば 関係ないか~と思っている今日この頃happy01

これからも皆さんが輝く場所でありますようにshine


Glänz《グランツ》の由来はホームページの自己紹介ページで見てくださいnote
↓↓
http://www.glanz-beauty.com/satomi-ishii/

< 私でも理容師になれた! ~やらかし 見習い時代編 その①~  |  一覧へ戻る  |  mina《ミーナ》にお手伝い >

このページのトップへ