HOME > ブログ > アーカイブ > 2015年8月

ブログ 2015年8月

顔剃り変えてみました

学芸大学にあるシェービングサロン グランツでは今まで
 
顔そりはトリートメント後に絶対剃っていました。(基本その方がどんな肌質の方にも対応出来るから)
 
しかし、
 
最近ではご来店のお客様(顧客の方)の肌が育ってきたので
 
剃り方・剃る順番を変える事に(ちょっとマニアックなお話しですがお付き合いください(;'∀'))
 
新規のお客様と顧客の方との肌状態は一目瞭然で違います。
 
断然顧客さまの肌は見違えるほど潤って輝いているので
 
より美容液の浸透が良い様に先に角質ケアをし始めています。
 
 
 
勿論その時の体調によって肌も不調になることもありますのでその時だってシェービング変えていますよ。
 
季節の変わり目に合わせて
 
アレルギー症状に合わせて
 
四季(春夏秋冬)に合わせて
 
肌の質感、感触、色、うぶ毛の状態、角質の状態に合わせて
 
 
 
十人十色 ライフスタイルも違えば肌も違うので、ほぼ最近は私の見立てで
 
シェービング変えてます(^^)/
お客様へお声がけはしていますが、自分がお客さんだったら分からないかも(笑)
 
 
どういう変え方かは、企業秘密。
 
グランツでしか出来ない流れなので、同業の方が偵察でいらしても、ご理解出来ないかも。
 
 
【肌が育つ】ってすごく大事です。
 
若い方は無謀な生活をしても勝手に回復するんです。
 
それが30代過ぎると、
 
だんだんツケが回ってきたり、綺麗な方でも変化が往々にして表れてきます。
 
 
 
それを顔そりによって肌質を向上させる。コレが大事
 
グランツの基本理念は【お客様が輝く】です。
 
だから【肌を育てる】事で内側からの自信と外側からの瑞々しい肌によって
 
行動や表情が変わってくるお客様が大半。
 
 
 
それと共に【肌を育てる】事は年齢を重ねていく上でも大切なこと
 
生活感がにじみ出た老け方をするのは、ただ単にさぼっていれば誰にでも出来ます。
 
病気をしても、生活感溢れていても、子供がいても、自分を労わる行為を怠らなければ
 
艶のある潤いに満ちたベースの肌は失われることはありません。
 
 
 
では、今後ともGlänzのシェービングをどうぞよろしくお願い申し上げます(*´▽`*)

私顔剃りに向いてない?敏感肌

顔剃りは、カミソリで行います。
 
「カミソリで顔を剃る」→この【カミソリ】というワードによって
 
「刃物」「痛い」「赤くなる」「ヒリつく」「肌に悪い」のでは・・・・と連想する方も多く
 
顔そりに向いていないと自己判断され不安から
 
お問い合わせで『肌が弱いのですがシェービングして大丈夫でしょうか』と多くお声を頂きます。
 
実際 カウンセリングをして、お肌を拝見するといたって普通肌が圧倒的です。
 
では、本当に顔そりに向いていない人はいるのでしょうか。
 
ほとんどの方はシェービング出来ます。
 
ただ稀に下記の肌状態ですとご相談という形、
 
日焼けしたばかり(赤み・ほてり・水ぶくれ)は避けていただきます。
 
・アレルギー症状により、赤くなっていて痛い皮向けが酷いヒリつく状態はトリートメントで保湿をお勧めしますが
 場合によっては病院治療で状態が収まってから。
 
・美容整形直後はお断りしています。
 
・病院でのピーリング後2週間経過していない方。
 
 
よほどでない限りは顔そりは行えますし、敏感肌と自己判断されている方の多くは
 
ホームケアのやり方を見直していただくと 見違えるほど綺麗な肌に変化されています。

1

« 2015年7月 | メインページ | アーカイブ | 2015年9月 »

このページのトップへ