HOME > ブログ > アーカイブ > 2015年4月

ブログ 2015年4月

うぶ毛と体の関係

うぶ毛が場所によって濃いのは

体との関係性が強く現れているのをご存知でしょうか

今日はそんな不思議な体とうぶ毛の結びつきをお話します


人間は進化の過程で体毛が薄くなっていったのはご存知でしょう

遥か昔 類人猿だった頃は体中毛で覆われまさしく、お猿さんでしたが

その名残で濃く残っている毛は、「頭髪」「ワキ」「陰部」「脛(すね)」「眉毛」「まつ毛」「鼻毛」など

頭髪は固い頭蓋骨に守られている脳という生物にとってまさに重要な生命線である臓器を頭髪によって更に衝撃から守るために残っています

ワキは大きなリンパ管の集合された場所の守り役 その他汗をかいた時に匂いを発生させないよう汗を上手く蒸発させる役割も実はあります

陰部は男女ともに生殖に関わる部分で外部から細菌の繁殖等に侵されないよう残っています

脛や眉毛・鼻毛なども意味があり、身体を守り ホコリやゴミの侵入を妨げキャッチし出す役割 外気温(熱い・寒い)の緩和や防御

進化にともなって益々 体毛の薄い進化を辿るかもしれませんね!!



それ意外にも妊娠すると体毛が濃くなってきます。私も下記の毛に関する経験を妊娠中は実感したものですshine

(妊娠中のホルモンバランス変化に伴い一時的保護作用で濃くなりますが、産後は出産前の状態に戻ります^^)

乳房周辺は母乳を出す重要な場所なので冷やさないように

お腹はだいたい7ヶ月頃から濃くなり始める方が多いのでは もちろんお腹の赤ちゃんを守る母体の防御反応

太ももなんかも濃くなり、静脈や動脈の血流を妨げる冷えから守るため

頭髪は妊娠中抜けにくくなります(生え変わりのサイクルが一時的に長くなる)産後 授乳されている方は特に6ヶ月過ぎ辺りから、一気に抜け始めますが妊娠中抜けにくかった状態の毛が抜けているので脱毛症とかでは無いのでご安心を♡

もし、気になるようであれば ヘッドスパ・ヘッドケアに行かれることオススメします。



それから、体調や体質によるうぶ毛変化もあります

オデコ・背中(肩甲骨辺り)のうぶ毛が濃い方・濃くなった方は

肺や呼吸器の弱い方が濃くなります 例えば、喘息・気管支炎など持病があったり

お子さんでも呼吸器系の疾患・一時的な病気でも濃くなりやすいですよ

あとは、冬場に濃くなる方もいます

冬は空気が乾燥するため健康な方でも、肺や呼吸器に負担がかかりやすいので

防御反応でオデコ・背中を守ります。風邪を引いた時とかも

しかし、上記が当てはまる時期や状態でも

体調が良く改善されたりすると、薄くなるんです

体って面白いですね



ちょっとした知識になりましたでしょうか

シェービングサロンゆえの豆知識でしょうか(笑)

では また次回

お読み下さりありがとうございました!

ワーホリ 出発~学校編

とうとう渡航が迫ってきた季節は秋の出発当日は台風直撃

成田で飛行機が飛ぶかどうか怪しかったけど乱気流に揉まれながら南下

そして

7時間後オーストラリア パースに到着 西オーストラリア州最大都市パースは

日本との時差は2時間ほどインド洋に面していて海が日によって色を変える青さが素敵な場所



到着後から1週間ほど バタバタ忙しく動く日々

ホームステイ先からの様々な移動手段を覚えたり

語学学校見学・銀行口座の開設・携帯電話の購入・国際電話に使うテレフォンカード購入

街中の見学(迷子にならないようにツアーみたいに回って歩くのです^^)

生活に困らないよう 先にワーホリに来ていた友人から様々なアドバイスを受けたり



語学学校では入学試験に似たクラス分け試験がありました

日本で受けた英会話で自信を付けていたはずの私は、早々にその自信が砕かれたのでした(笑)

もともと英語は好きだったのですが、レベルは相当低かったというわけで・・・

振り分けられたクラスは「エレメンタリー」といって幼稚園並みのクラスで基礎からお勉強に(^_^;)



学校生活は新鮮で楽しかった

最初の海外の友達は韓国の子たち 日本語と韓国語の同義語で笑ったり

クリスマスパーティーが学校であったり

授業は眠くて勤勉さに欠けていた私は、遅刻しながら街中でトーク力を上げていくとか勝手な生活もしてました

放課後や休みの日など、日本人とばかり一緒に過ごすのが嫌で一人行動が常でもありました

そして、


学校に行きながらスタイリストとして、フリーランスでも活動していました

様々な場所へ出向き、カットをして回り よくカットしていた場所といえば【公園】でした

オーストラリアだから出来る場所です(笑)

カットしていると色んな人に声をかけられて「気持ちよさそうね~」「私も(俺も)切ってよ!」など興味津々な様子で何とも陽気な人ばかり!





2ヶ月過ぎには、ホームステイ先を出てシェアハウスを探すという最大事が訪れ

頑なに日本人とは住みたくなかった私は郊外の海沿いの町でひたすら物件探しもしました

この話はまた次回にでも♪



ワーホリ前半の最重要事項【太る】!!!

楽しい生活を満喫はしていたのですが、疲れや語学力のストレスによって

過食に走っていた私は、3ヶ月で軽く5キロは増えていました・・・・(予想)

食事も向こうはボリューム感もあり 食べられなかった量が普通に食べられるまでになってしまい

なにせ私のホームステイ先は他の子達と比べても当たりだったようで

ママは料理好きで上手という幸せ生活+大きな体のママと同じ様に食べていた私=太る

そして、シェアハウスでの暮らしは飲めや歌えやと友達とほぼ ほぼ 飲み明かし

デブまっしぐら(・_・;)

これは後の生活で改善され痩せましたが、自分で持って行ってた服がきつくなるという惨事・・

海外に行かれる際 ストレスで太りやすい方は要注意です(笑)



そんなこんなで通った語学学校3ヶ月も終わり(ほぼサボってしまった ダメな私)

自分で通うと決めたにも関わらず、卒業式で意味のない開放感に浸っていたのでした(^_^;)



そうそう

海外生活は自分が思っていたものとは全く違うものでした

でも それも経験 自分の選んだ道

良いことも悪いことも全て日本にいた時より凝縮されていて とてもとても濃い!

もともと世渡り上手な方ではないので、とにかく自由に思うまま生きていました

縛られない・縛らない・固まらない・しっかり自分を持って生きるという

「生きる」事を最大限に感じていられたワーキングホリデー 次はまた別のお話でも♪



お読み下さりありがとうございました(*^_^*)

1

« 2015年3月 | メインページ | アーカイブ | 2015年5月 »

このページのトップへ