HOME > ブログ > アーカイブ > 2014年4月

ブログ 2014年4月

エラバシェ ビオティコトリートメント


What's BIO TIKOS ?

ビオティコとはギリシャ語で

「乳酸菌」 を意味します

ビオティコトリートメントは、肌表面の常在菌(フローラ)バランスを整える菌活ケアであり、

お肌に溜まった様々な情報をリセットし、

赤味 ヒリつき がさがさ チクチク 不快感を

取り除いてあげるトリートメントです。

アレルギー肌(アトピー・花粉)のバケツいっぱいになったエラー情報をすくい取って肌情報の許容量を減らし

アレルギー状態を軽減し健康肌に導くお手伝いもします

学芸大学にあるシェービング&エステサロン グランツでは

関東近郊のエラバシェ取り扱いサロンの中でいち早くビオティコトリートメントを導入しました

施術者の手の体温さえも刺激と受け止める状態の肌にストレスを与えないよう

マッサージはKABUKIブラシを使用、ブラシとは思えない心地よさに寝てしまう方続出です

コースに使用する化粧品は、ほぼ全てに乳酸菌を配合

クレンジング・化粧水を一手に担っている【トマジェンヌ ウォータークレンジング】

ゴマージュ・マッサージクリーム・パック

この菌活トリートメントの流れは以下の通りです


~First touch (ファシア)~

足のソフトストレッチ。コース前に体の筋膜を緩めることでトリートメントの効果を高める大事なステップです。


~クレンジング~

優しく肌になじませ拭きとって行きます。

(反応の早い方だとこの時点で、肌の赤味が引きます)


~ゴマージュ~

肌エラーを起こしている方でも安心して使える角質ケア品

角質を引き剥がすピーリング成分とは異なり、吸着するように優しくケアします。


~DE ストレスマッサージ~

ゴマージュの時間待ちの間にリラックスタイムを体に与えます



~マッサージ~

エラー肌専用のKABUKIブラシを用いて、ドレナージュマッサージ

穏やかに鎮静させながらも緩んだ肌をリフティングしていきます


~マスク(パック)~

マッサージで鎮静された肌に、仕上げの肌エラー解除と

肌のキメを細やかに白い肌に仕上げていきます



~DE ストレスマッサージ~

パック待ちのあいだ、更にリラックスを体に与え肌エラーを起こしにくい環境を整えます



~仕上げ~

ご自宅ケアでも使用するクリーム

クレームマジストラル D-センシスでお仕上げ






肌が敏感 アレルギー肌状態を軽減させるステップ 肌の赤味が気になる

どのような状態の方でも受けて頂けるトリートメントです

今までフェイシャルケアを諦めてきたそんな方でも大丈夫です。

一度ご相談下さい

※ビオティコトリートメント 60分 8,600円 《シェービング付き 90分 10,800円》

敏感肌はもったいない


現代女性の多くが「自分は敏感肌かも・・」と感じているそうです

70%の女性は自己申告で「敏感」とおっしゃいます

年に数回「敏感」と感じる方は100%と全ての女性が感じるそうです


これは、お肌が

季節性のアレルギーで変化している

紫外線の影響

病気や体調・服用している薬の影響

ストレス

肌に合わないスキンケア

高機能化粧品の乱用 によって引き起こされている場合が多く当てはまります。


この【ゆらぎ肌】全ての原因として肌情報処理のエラーと表現します

その他では、生まれついて肌の情報エラーが続いてしまっているアトピーなどもその1つです


外的刺激と健康な肌は感じない物すら、刺激物と認識してしまう

      ↓ ↓ ↓

認識してしまうと、肌内部の神経や細胞たちが過剰に《緊急事態》だっ!と騒ぎ始める

      ↓ ↓ ↓

肌細胞の間違った《緊急事態》情報によって、美容成分でさえ侵入を許さない為 アラーム信号が鳴り続けてしまう

では、

この様な過剰に反応してしまう肌はどういう症状になるのか

・顔が火照りやすく

・赤味が消えない

・季節性のアレルギー(花粉・紫外線・寒冷)で肌がチクチク・チリチリする

・いつも使っているコスメが合わない・効き目が悪くなったと感じる

・水でさえも肌に刺激を感じる

・敏感肌用とされる可もなく不可もない化粧品しか使えない

 

これでは、本来健康である肌が可哀想です

これらを静めてあげらるとしたら・・・・

【肌の情報エラー】と【緊急事態アラーム信号】をストップしてあげること

全ての肌表面に存在している 皮膚常在菌(フローラ) と呼ばれる菌のバランスを整える

過剰に反応する細胞や神経に対して情報の抑制を正しく行ってあげる


上記をふまえると、

肌表面の善玉菌を元気にしてあげる

外部からの有害ではない様々な情報を【良いもの】と認識させる 事で改善されやすくなります


敏感肌はデリケートだと解釈し放っておいては勿体無いです

綺麗でありたい女性達にとって、損をしてしまう結果に。

どうか、肌の健康を取り戻せる事を忘れないで下さい

今からでも出来る事は沢山あるのですから

ストレッチマーク 妊娠線の改善 集中ケア


以前から、妊娠線ケアのブログを見たとお客様からの反応が大変良かったので

改めて最終的な報告をしていきたいと思います^^

↓↓↓今までのブログはこちらになります↓↓↓

出来てしまった妊娠線 解消 トライアル~開始前~

妊娠線 解消 トライアル経過報告⑤

思った以上の結果妊娠線ケア 大満足です(←ケアをされたお客様の生のお声です)


2013年10月2日から始めた妊娠線ケアは2014年2月12日 およそ4ヶ月間に渡り

ご自宅でのケアをして頂きました。

《朝晩 段階的にクリームを塗って頂くだけです》


お客様からの最後の感想と実感では

◆出産後のしわしわ感に加え、肉割れを起こしショックだった

◆一人目よりも二人目出産後にいっそう、妊娠線の広がりがあった

◆産後痩せ始めると、気にしていた妊娠線 肉割れに加えお腹の皮膚のたるみも出始めて、もっと気になるように目立ってきた

その後 こちらの「妊娠線・ストレッチマーク解消ケア」を始めると

◆妊娠線幅が細くなった

◆同時にお腹のたるみが引き締まってきた

◆最近では、お風呂あがりに見ると妊娠線(ストレッチマーク)が分からないくらいに とってもキレイ

◆以前アドバイス頂いた デコルテや二の腕にも同じケアを施してみたら鎖骨が綺麗に出たし、二の腕はワキのたるみが無くなった!!!


とのご意見を頂きました。

皮膚のたるみ・ストレッチマークと言われる「妊娠線・肉割れ」に大変効果的

一生隠していく場所として過ごさないで、綺麗になれる可能性があるのなら

始めて見るのはいかがでしょうか。

特に年齢を重ねれば重ねるほど、皮膚の皮たるみは出てきます。

ダイエットで痩せたらお肉は減りますが、伸びた皮膚の皮は縮みません

その皮膚の土台を立て直してくれる可能性があるとしたら・・・

いつまでも女性として綺麗でいられるお手伝いをサポートします!

薄着になる季節に向けて☆ボディライン徹底改造☆


薄着の時期になってくると、毎回 思うこと

「あれ、もしかして太った?肉付きよくなっている気がする・・」と

自分のボディラインに冷やっとすることが増えてきませんか?

更に半袖時期 もしくはイベント事で肌を出すこともあります


ギリギリで焦るのでは、正直ダイエットもエステも間に合いません

私も毎年焦ってしまいます・・・・。

私自身が受けたいボディ施術を合体させてみました!! だからこそオススメできる内容

ボディラインの形成をお手伝いします、ダイエット中の方ならなお一層変化が楽しめるように


お客様がおっしゃっていたのは

「今まで着ていたシャツは袖口がきつかった、今は余裕で袖を通せるし服のラインが違う」

「大好きなブランドのパンツをSサイズで履けるようになった!!」

とご報告下さいました

実際にお会いする度に、頑張って下さっている姿が体に表れていて施術をする私からも大きな変化を感じました。

女性としてキレイでいたい。 おしゃれを楽しみたい。その気持は痛いほど分かります

だからこそ、全力でサポートしトリートメントに思いを込めております


ご相談・カウンセリングは無料で受け付けております {電話・メール・来店も可}



シェービング・フェイシャルケア内容充実させました


日々お肌は変化して行きます

乾燥・油ぽさ・疲れからくるムクミ・肩こり・血行不良によるくすみ

様々な肌状態に変化し、外的要因(花粉・ホコリ・ストレス・PM2.5・紫外線など・・)も重なって

肌ストレスは増すばかりです。

そこで、学芸大学にあるシェービング&エステ グランツでは、

シェービングとフェイシャルケアメニューを内容充実させてグッと効果の出やすい流れにグレードを上げました


①シェービング・フェイシャルケア全てコース前後に炭酸ミストを吹きかけていきます。そうすることによりケア前に血行循環を上げ マッサージ効果がより高まり ケア後は仕上げに吹きかけ一層のスッキリ感を与えます。

②シェービング後はWパックを贅沢に行い余すことなく肌を潤わせていきます。

(ローションパック&肌質別パック)

③シェービング・フェイシャルケア共にパック中は、ハンドケアorヘッドケア5分お選び下さい。


この3点を盛り込み今まで以上の仕上がりと効果を上げていくメニューとして構成いたしました

実際にご利用頂き、グランツのコースメニューをどうぞお楽しみ下さい

1

« 2014年3月 | メインページ | アーカイブ | 2014年5月 »

このページのトップへ