HOME > ブログ > アーカイブ > 2014年1月

ブログ 2014年1月

フェイスパックのおはなし


自宅ケアでパックをする際のポイントと

気をつけるべきポイントをお話します


乾燥時期は近年冬場だけではなく生活環境の変化で1年中肌の乾燥に晒される様になってきました。

◆春 ⇒ 花粉の影響をうける方はアレルギー反応で肌のかさつきが出やすくなってます

◆夏 ⇒ 紫外線の影響 室内で冷房に当たる

◆秋 ⇒ 急激な季節変化に伴い、夏の紫外線での疲れが出やすい

◆冬 ⇒ 空気の乾燥(湿度の低下) 室内で暖房に当たる

この様な環境下に置かれることで肌の乾燥が進みやすくなります。皆さんこの乾燥に負けない肌になるため、保湿を心がけているかと思います。

でも保湿のやり方で逆に肌が乾燥することがあるのはご存知でしょうか?

ただ「保湿をした~!」というだけで終わらないために

グランツからちょっとしたアドバイスとポイントを

~パックの種類~

【シートタイプのローションパック】

製品にもよりますが、シートが薄いものはローションの蒸発も早いので、1枚より2枚使いをオススメします。

パック時間は5分程度で十分です、まだローションが残っていてもったいないと感じても5分程度で外して下さい。シートが乾き始めると、肌に浸透していった水分が逆にシートに連れて行かれ潤いも半減してしまいます。

「入浴や温浴中にパックをする」これは、スチーム効果で浸透率が上がるのではないかと行う方が多いですが、あまり意味がありません。 汗をかきながらパックをしても美容成分の浸透はイマイチ・・ 逆にパック後に肌が突っ張る方もいらっしゃいます。それであれば、入浴後や温浴後の肌が十分に血行が良くなり汗をかいていない状態でシートを貼り付けてラップやカバーをすることで浸透もUPします。もちろんコレも放置時間は5分程度で十分


【化粧水を含ませたコットンパック】

ドライコットンに化粧水を含ませパックをする際、コットンから化粧水が滴るくらいでないと貼り付けてから数分で乾燥し始めあまり意味がありません。

コットンパック専用にお徳用ローションを用意して、惜しげなく使ったほうが良いです。

もしくは、コットンを水で湿らせてからローションを含ませることでまんべんなく水分が行き渡っているので、5分程度のパック時間にも対応できます。

毎日コットンパックをする方でしたら、100円均一などで売っている小さなタッパーに湿らせたコットンを入れておき冷蔵庫で保存し 使用する際にローションを含ませれば簡単です


【毛穴パック(角栓除去)】

これは、保湿ではありませんが意外と多くの方が鼻の角栓取りに行っているパックなので注意点として・・

《お風呂あがりに鼻パック ⇒ 剥がす ⇒ 化粧水》この流れは肌にとってかなりの負担となります。 そして、肌の毛穴が開き また脂詰まりや黒ずみの原因に。

肌に負担をかけない・毛穴の開き・脂詰まりを解消する最善策はコチラ

お風呂あがり まずたっぷりローション保湿 ⇒ うす~くクリームを付ける ⇒ 鼻パック ⇒ 剥がす ⇒ 冷えタオルで鼻の毛穴を閉じる ⇒ ローション保湿

↑この流れで肌負担は軽減され、毛穴の開きも最小限に。

((個人的には鼻パックはオススメしておりません)) まずは、クレンジングで隅々まで丁寧に汚れを落とすことがとても大切です。


【クリームタイプ(塗って放置 洗い流すタイプ)】

手間はかかりますが、配合の美容成分を浸透させるには1周間に一度か2週間に一度されることをオススメします

ローションでしっかりたっぷり保湿した後にパックをのせて放置すると、水分補給後の肌は贅沢なほど美容成分を蓄えやすくなります。

丁寧に洗い流したあと、再度ローションで軽く保湿してクリームや美容液でお仕上げをしたらパーフェクト


【塗って乾いてから剥がすタイプ】

剥がすタイプのパックでもコチラは、主にクリームタイプで塗って放置していくと固まりますがその際中に美容成分浸透効果もあり保湿されていくタイプです。

クリームタイプ同様 ローション保湿後にパックを塗って乾いたら、剥がしていって下さい。場所によって剥がし残しや剥がれずらい所は無理に引き剥がさず 濡らしたコットンでやさしく拭き取りながら取るようにすると肌負担なくとれます

その後は仕上げのローションとクリーム・美容液で肌を整えて下さい


日々のホームケア やり方1つで効果的にもなり 乾燥させる事にもなります

綺麗になるための保湿ケア、肌と向き合って正しいケアを行いたいですね!

クレンジングのおはなし


クレンジング皆さんは何をお使いですか?

オイル ジェル クリーム ミルク 拭き取りシート

色々なタイプがあります

お肌の質に合わせて選んでますか?

メイクの落ちを重点に置いて選んでますか?


グランツからおすすめ出来る、選び方のお話を少し

【オイルクレンジング】 質感:液状 さらっとした感じをうけやすい

メリット: 油100%なので、メイク落ち抜群

デメリット: お肌の必要な脂まで持っていきやすく 肌にゴワつきが出てきやすい

特に乾燥肌にはオススメしません。(皮脂が肌全体に十分に行き渡っていない肌 もちろん水分不足なので、一層油分を取られ皮脂過剰になりTゾーンだけテカったりと反応する)

ポイントメイク用に使用するにはオススメ


【クリームクレンジング】 質感:モッタリと重め 油感強め

メリット: 油分を含んでいるためメイク落ち良い こすり過ぎる心配もなく肌に優しい

デメリット: 油分を多く含んでいるので、拭取りをしっかりしないと洗顔時に綺麗にしきれない

ニキビ肌にはオススメしません。(油分と保湿成分の配合によって洗顔で落としきれないと、ニキビの症状を悪化させやすい)

年齢肌にオススメ


【ミルククレンジング】 質感:とろっと柔らか 乳液に近い質感

メリット: メイク馴染みしやすく落とすのが楽 どの肌質でも扱いやすい

デメリット: クリームクレンジングほど重さがないので擦り過ぎて肌に負担をかけることも

ポイントメイク用にはオススメしません(メイク馴染みは良いがアイメイクの濃さによっては落ちにくい)

肌質を選ばないので、メイク落としと肌に柔らかさを出すにはオススメ


【ジェル】 質感:ゼリーっぽいとろみ 

メリット: べたつかないので扱いやすい 

デメリット: さっぱりしているため、メイク落ちは弱い ジェルは渇きが早く拭き取りづらい 水と馴染みが良いため落ち切らないで流れてしまう

年齢肌・乾燥肌にオススメしません(さっぱりタイプはメイク落ちも弱く 肌を健やかに柔らかくすることも欠けやすい場合も)

あまりメイクをしない方・薄化粧の方にオススメ


【拭き取りクレンジング】 質感:シートタイプ オイルを含んでいる

メリット: 手軽 ポイントメイク用に使いやすい

デメリット: 拭き取りの際に肌への摩擦が起きやすい 手軽さゆえ汚れ残りしやすい

基本的にオススメしません

ポイントメイク落としにはOK



クレンジングは年齢 季節 パーツ 肌状態によって使い分けて頂きたい大事なスキンケア商品です

一番最初のステップを誤ってしまうと化粧水・美容液の効果も薄くなり肌トラブルの改善ができにくくなってしまいます。

ぜひ 参考にして頂き

その時の肌に合ったクレンジングを心がけていきたいですね

グランツのシェービングとフェイシャルケアは肌別対応ケアです


学芸大学にあるシェービング&エステサロン グランツでは基本【手あて】を重点に置き

ほとんどのシェービングコース・フェイシャルトリートメントコース

そしてボディケアは

ハンドトリートメントで行い[緊張]と[疲れ]をほぐし、リラクゼーションを与えていく内容です。

そして、

使用している化粧品のこだわり。

その日・その時々のお客様の体調や肌の状態に合わせて マッサージ用クリームとマスク(パック)を変えています。

マッサージクリームとマスクは、お肌から栄養を入れるというメソッドで食事と同じ様に口に運べる原料を主にした化粧品の使用 【Ella bache(エラバシェ)】


成分抽出に使用している物

例) トマト・オリーブ・甘草・肝油・カモミール・ベリー・ローズ・カカオ・サフラン・バニラ・葡萄の花・スピルリナ・大豆・クレソン・タイム 等々・・・

それぞれの化粧品に最高の配合で効果を高め合っている《お肌のお食事》化粧品です


グランツのコースでは下記のような肌別対応をしています


【くすみ肌】 トマトの栄養素で明るさと血色の良さを助けていきます

乾燥肌】 葡萄の花やヒアルロン酸の相乗効果で肌の水分不足を回復させていきます

【超敏感肌】 肝油を使用したクリームで肌のバリア機能強化と肌再生を促していきます

【ニキビ肌/毛穴・皮脂過多肌】 肝油とタイムエッセンス・皮脂吸着成分で余分な皮脂の吸着とニキビの早期収束を助けていきます

【年齢肌】 ヒアルロン酸と共にローズヒップ・ヘーゼルナッツオイルなどで年齢の出やすい肌をふっくらと再生を促していきます


この様にお客様一人一人 その日その時々の肌に対応させて頂いております

シェービングと併せて頂いてもその後の肌リアクションが出ない 健やかな肌作りに励んでおります。

お肌にメスを入れたり、注射や刺激の強いマシーンを使用しなくても年齢とともに上手く付き合い綺麗に年齢を重ねることが出来る肌でありたいと考えまています




お腹・腰・下腹 ぽっこりお腹ケア効果実証


はみ出し肉ファーミングがじわじわ人気が出ているとブログでもご紹介しましたが、

お腹・腰・下腹部 ポッコリお腹に効果的


実際に効果がどれだけ出るのか実証

~モデル~

・30代中頃

・出産経験1回

・産後太り後、ダイエットし5キロ落としているがお腹まわりのお肉の厚みが気になっている

・内臓脂肪なし 皮下脂肪型

・皮下脂肪によってお腹まわりが冷えた肉質

・筋肉量は少なめ

・日常的に保湿ケアはしている


初回の効果実証がこちら↓↓↓

背面・ウエスト周りは全体的に下がっていたお腹まわりのお肉がスッキリした印象になりました。

クビレもはっきりした印象。


正面・おへそ周りは正面から見ても厚みがあり重たい印象だったのが、すっきり持ち上がった印象に。

若干潰れた丸みのヘソが 縦長になりました。

それだけ、お腹の肉・老廃物が流れた証拠。


この後、

1周間はお腹まわりのすっきり感を実感出来たそうです

ホームケアで、脂肪燃焼クリーム【デリピデックス】と引き締めクリーム【ラステックス】を継続中との事。


お腹まわりのお肉が気になる方は、是非一度トライしてみてください

【はみ出し肉ファーミング 70分 9,500円 (回数コースお得です)】



お腹・腰・下腹部 ポッコリお腹に効果的


グランツで、【はみ出し肉ファーミング】がじわじわ人気が出てきています

【はみ出し肉ファーミング】とは、お腹・腰・下腹部の皮下脂肪と内臓脂肪に働きかけるトリートメント


痩せている方でも太っている方でも、女性の多くが気にしている

「ぽっこり肉・のっかり肉・だぶつき肉」と呼ばれる贅肉は、様々な要因が重なり手で掴める位たっぷりと付いてきます

様々な要因・・・

①皮下脂肪 ②内臓脂肪 ③浅リンパ・深リンパの滞留 ④筋力低下 ⑤運動不足す ⑥骨盤の歪み

⑦食生活の偏り ⑧悪い姿勢 ⑨ストレス ⑩女性ホルモンのアンバランス ⑪便秘 ⑫サイズの合わない下着

この中でも当てはまるものがあり、お腹が出ているのが気になる方

ライフスタイルの改善 トリートメントにより身体へのアプローチをかけてより確実な効果を出す

グランツが皆さんにお手伝い出来る

アドバイスと内臓下垂冷え解消・リンパ管の流れを良くするマッサージで、お腹・腰・下腹部スッキリ感によってじわじわ人気上昇中です

贅沢なコース内容 【360度全てから老廃物を流し、ボディ形成】


①背面

背中全体の温め ⇒ 角質ケアで浸透を高め ⇒ ほぐし+マッサージ{脂肪の分解と燃焼を促すジェルとオイルでケア}



②右側面

ほぐし+マッサージ{脂肪の分解と燃焼を促すジェルとオイルでケア}

右側面から重点的に老廃物を流し、くびれ作りをします



③前面 

ほぐし+マッサージ{脂肪の分解と燃焼を促すジェルとオイルでケア}内臓の引き上げ・浅いリンパの流れを促進させます



④左側面

ほぐし+マッサージ{脂肪の分解と燃焼を促すジェルとオイルでケア}左側面から重点的に老廃物を流し、くびれ作り



⑤前面       

ほぐし+マッサージ{脂肪の分解と燃焼を促すジェルとオイルでケア}深いリンパ詰まりを流す・ウエストの最終スタイリング



⑥バンテージ

本来の正しい姿勢・スタイルを固定し老廃物が再滞留しないようにします



⑦パック

ブラウンマスクで最後の脂肪燃焼と毒素の排泄を促し、身体をしっかり温めます。

【カカオの実の殻で作られたチョコレートマスク】カカオの実の中で最もカフェインや脂肪分解物質が集中している為 脂肪分解・燃焼促進効果が高い



⑧仕上げ

エリクシールファイヤーフラット〚美容水〛:脂肪分解と脂肪抑制効果

ボディスパイスセーラム〚クリーム〛:脂肪分解と老廃物の排泄効果

デリピデックス〚クリーム〛:キャピトンとセルライト燃焼効果の高い温めクリーム

いずれかで、仕上げを施します


効果をしっかり実感したいお客様(ブライダル・お出かけ前の集中ケア)は3~4日に1度して下さっています

1度でけっこう効果を感じるのですが、

お肉の位置や内臓の下垂解消・老廃物の滞留状態により、元に戻るのも早いです。

継続効果実感は最低3回は集中ケアをしていただくとお腹まわりの変化はかなり実感できると思います。

続けて行きたい方は、週1度 2週に1度のペースでご来店下さっています


お腹まわりにお悩みの方は是非一度お試し下さい


 


ブライダルエステ 人気のシェービング


結婚を機会にシェービングを知って頂けます

花嫁姿は、ご自身のみならず 新郎様 ゲスト ご家族から

注目を集める主役の大切な日

「注目を集める」とは、晴れの日だからということもあります

幸せに包まれた綺麗な姿を皆さんが目に焼き付ける日でも
そんな大切な日は、360度から視線が集める為

ドレスをお召しになる花嫁さんはうぶ毛のケアは怠れません


先輩花嫁さん達の経験では、やはりドレスをお召になった方の多くは

剃って良かった ソフトシェービングと呼ばれる電動カミソリではなく

理容師資格のある人にカミソリで綺麗にしてもらえて良かったと

グランツにお越しの先輩花嫁さんたちは口をそろえておっしゃって下さいます



では、シェービングの人気パーツはどこなのか

どこを剃っておけばパーフェクト花嫁になれるのか

純白ドレスの露出は結構なものであり、艷やかで綺麗な肌が必須でありますので

背中・えり足・腕・デコルテ・ワキと体のシェービングが必須アイテム


【背中】・・・試着の時点で先輩花嫁さんたちは気づくうぶ毛にドキッとするそう 古い角質除去ができ、うぶ毛ケアも出来るシェービングでドレスに負けない白肌を手にされます

【えり足】・・・挙式ではヘアースタイルをアップにする時に首元の毛に驚きシェービングでスラリと伸びた綺麗なえり足と首もとを作れます

【腕】・・・自分でも剃れる場所ではありますが、意外と手の届かない二の腕(特に背中との境目)は剃り残しをすると残ったうぶ毛が一層目立ちます そこでグランツでは魔のエリアと呼ばせて頂き綺麗に剃らせて頂いてます

【デコルテ】・・・うぶ毛が無さそうに感じるパーツです。しかし、細いうぶ毛こそデコルテの天敵・・胸元を輝かせる為に剃っておくと綺麗さが際立つ正面の大切な場所

【ワキ】・・・ブーケトスで、見える恐ろしいパーツ くすみや色素沈着のケアもするグランツのシェービングパーツとして密かな人気パーツ ブーケトスをしない方でもワキはゲストたちから見える場所でもあります

【顔】・・・お顔はどの花嫁さんも絶対 剃りたい所。挙式から3~5日前に剃ることで挙式当日の化粧のりの良さと化粧崩れの心配もないほど、肌状態が良くなります  肌の水分バランスも良くなりモチモチに


挙式直前に慌てることのないよう、挙式までの間にお肌をどの様に綺麗に作り上げていくか

どこをシェービングするべきかお肌と向き合って見てください

ブライダル和装スタイル 


結婚式で和の装いをされる花嫁さま 日本人の伝統と言っても過言ではない

ステキな装い

種類も豊富 そんな和装スタイルのご紹介

【白無垢+綿帽子】

【白無垢】江戸時代から続く、最高格式を持った婚礼衣装。

純白の神聖な色で「嫁ぐ家風に染まります」という意味を表している

【綿帽子】白無垢の時のみ被られる物、最も格式の高いスタイルとして文金高島田(ぶんきんたかしまだ)の上に深く被ります


【色打ち掛け+角隠し】

【色打ち掛け】布地全体に織り出した模様で鶴亀や松竹梅などのおめでたいとされる文様が金糸・銀糸での刺繍、織や染などの方法で華やかに施されています。 色合いは未婚女性を意味する”赤”が一般的です。赤には他に「(朝が)明けるめでたさ」という意味も。

【角隠し】色打ち掛けや引きぶり袖の時に用いられる事が多く、白無垢でも被ることができます。文金高島田に被る帯状の白い布を指します

【文金高島田】綿帽子も角隠しもしていない状態での婚礼ヘアスタイルの名前。
江戸時代に吉原最高位の花魁「島田」という女性が作り上げ、コレが一般庶民・武家の女性の間で流行り 徐々に変化していった完成形の形が、江戸時代から現在の婚礼にも引き継がれているヘアスタイル。



その他:

【引き振袖】未婚女性の第一礼装の中で一番袖の長いもの。別名「お引きずり」「本振り袖」とも言い、”引き”とは振り袖のおはしょりをせず 裾を引いて着ることから来ています。 また、帯がそのまま綺麗に見えるため後ろ姿が際立ちます。

【打ち掛けの色】花嫁衣装の色の格として、白・黒が最高の格式 次いで赤と言われています。

【掛下着】白無垢と色打掛の下に来ている着物の事。


最近では、新日本髪と言って地毛で結ってもらう花嫁さんもいらっしゃいます

地毛で全て結い上げるには、かなり髪の毛を伸ばす必要があります(おしりが隠れる長さ)

ですが、なかなか伸ばせない場合でも腰位まであれば、不足分は部分かつらで結ってもらうことも出来るそうです。


1

« 2013年12月 | メインページ | アーカイブ | 2014年2月 »

このページのトップへ